間違ったダイエットが横行

ダイエットの仕方を間違えると目的とは違う方向にいってしまうので気をつけなければなりません。それは単に健康によくないというだけでなく、太る原因を作ることにもなりかねません

ダイエットするためには脂肪を燃焼させ消費する必要があります。それを助ける筋肉をダイエットの仕方を間違えると減らすことになるのです。つまり太りやすい体質をつくってしまうという事です。

リバウンドを繰り返す人は痩せにくい体になってしまっている人が多いそうです。正しいダイエットを知らなければ正しいダイエットは出来ません。つまりポッコリお腹も同様に脂肪を正しく落とす必要があります。

そぎ落とすのは皮下脂肪

ダイエットのやり方次第では筋肉を減らすと先ほど言いましたが、ターゲットはお腹周りの皮下脂肪です。しかし、皮下脂肪はバストにも使われています。ですから単純に皮下脂肪を落とすとなるとバストが小さくなる可能性も大いにありうるのです。

厄介な事に腹回りよりもバストの方が先にダイエット出来てしまうという話も聞きます。ここで部分痩せ、くびれを作る難しさがあると思います。的確な部分だけをダイエットする。これは専門的な知識を持ってダイエットしなければ失敗の元です。

効果的なのは運動、食事制限では無い

ジョギングなど効果的なダイエット方法ですが基本的に良く聞くダイエットの方法は内臓脂肪を落とすための手法です。ですから皮下脂肪を集中的に落とそうと思うのならよく聞く一般的なダイエット手法では効果はあまり望めません

皮下脂肪には皮下脂肪のダイエット方法があります。そして一番メジャーなポッコリお腹に溜まった皮下脂肪を落とす方法はマッサージです。有名ですがどうしても内臓脂肪に対するダイエット方法のが先に来てしまいますのでマッサージを取り入れたダイエットをしている人は少ないと思います。

皮下脂肪を取るために効果的なのは運動、食事制限では無いのです。もちろん健康面でもしっかりと制御しておく必要はありますが皮下脂肪にスポットを当てればマッサージを導入する必要があります

痩身と筋肉

最近は、サルコペニア肥満という言葉をよく聞くのですがサルコ(筋肉)ペニア(少ない、低下)というように、その名の通り筋肉が少なく脂肪が多い肥満の形です。見た目には太っていない人も、筋肉が少なく脂肪が多いようならサルコペニア肥満症といえるでしょう。

その特徴は体力がない、よく転ぶ、つまずく。少量の食事でも太るといったものです。この症状の人は、たとえ体重は多くないにしろ早めの対処が必要です。ここで、体重に問題がない人であれば日常の中で少しでも体を動かす時間を増やすと良いのですが、体重が多く見た目にも肥満だという人は、まずは軽く筋肉を鍛えなければ簡単に減量に繋がらない厄介な肥満ともいえ、食事制限をしても思うように結果が出ないのです。

肥満の原因と言えば、動く量に対して食べる量が多いのはもちろんですが、これをいざ減量しようとなると難しく、筋肉を付けなければ「肥満」と、「結果が出にくいうえにすぐにリバウンドするダイエット」これを繰り返すことになります。筋肉を増やすことが先決なので、ただ食事を減らしたり食べる時間を配慮するだけでは効果が薄く、バランスの良い食生活を基盤として、筋肉を作る高タンパク、ロイシンを多く含む食品を心掛けつつ運動量を増やして筋肉の増量に努めなくてはならないのです。

このサルコペニア肥満症は放って置くとどんどん筋力が低下し、転倒した際に骨折しやすく、骨折しても回復が遅い。回復した頃には筋力低下がもっと進行している悪循環をたどる症状ではありますが、筋トレやストレッチなどで筋肉を付ければすぐに改善に向かうというものでもあるのです。痩身と筋肉はとても密接な関係です。簡単に、体重=肥満ではなく、基礎代謝=筋肉であり、筋肉が減少すると痩せられないと考えても良いでしょう。


効果的にマッサージできる超音波&EMSのボニック